蒼薔薇の書斎

WT2シルバーレイン、WT3エンドブレイカーの日記のお部屋です。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜。(雪羽)

高価な薬を惜しげもなく投与して、今年もなんとか生き延びた。
胸の奥、吹雪のように鳴っていた音も少し収まり、雪羽はうとうとと眠りに着く。

「お前は、情けを請わなければならない」

本家のお祖父さまの声が心に響く。

「お前に会ったこともない者からも、憐れに思われなければならない。
 そうして、ようやくお前は生きていることを許される」

誰も、私を好きになってはくれないの?と幼い雪羽は尋ねる。

「これから、お前が生かされるのは、愛情ではなく同情によるものだ。
 誰もお前を好きになったから、助けようと思うのではない。
 誰もお前を知ることはないからだ。
 そして、真実お前を知れば、誰も情けを掛けようとは思わないだろう」

屋敷に閉じ込められたのは、体が弱いせいではない。
お前が危険だからだと、お祖父さまは仰った。

だから、せいぜい、美しい声で鳴き、傷付いた羽を見せ付けて、哀れみを持たれるように振舞わなければいけない、と。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

始めに。


このブログは、主に【シルバーレイン】
【エンドブレイカー!】
のプレイ日記です。
山吹花のサイトはこちら。
銀の雨の館
お勧め!

リンク



利用させて頂いています♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。